本文へスキップ

A2=Amenity&Art

TEL. 03-3407-1002

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-20-28

ロードビューアーRoadViewer

区画線診断システム『RoadViewer』 (NETIS登録:CG−190014−A)

自動車の自動運転の実用化と普及に向けて、また高齢者や交通弱者の安全確保のため、夜間の視認性確保など、交通安全に向けた区画線の重要性が高まっています。
ロードビューアーは、スマホとAIを用いた簡単で安全で定量的な区画線調査技術です。
区画線の健全度調査は、従来調査員による道路上での目視又は、路面撮影した画像により評価していましたたが、本技術は走行車両からのスマホ自動撮影、AI技術による区画線の自動認識・剥離率の解析・判定結果の電子地図上への表示等、調査の効率化、定量化、可視化が図られています。

 紹介動画はこちらです。(約4分)
 

 パンフレットはこちらです。  

システムの構成

従来の区画線調査を簡単にするため、できる限りシンプルでわかりやすいシステム構成になっています。
AIによる定量的な調査診断なので、調査員のばらつきや過剰評価がなくなります。

システムの構成は・・・
@撮影用のスマートフォン
A区画線の剥離率を自動で算出する区画線診断ツール
B診断済みの写真を地図上に表示する区画線診断結果表示システム(ROADVIEWER)
 で構成されています。

今までの区画線調査からの改善点
・区画線の現地での撮影方法を、デジタルカメラ等を用いた人力撮影から、走行車両からスマホで自動撮影(10mから50mの任意の間隔設定)できるようにしました。
・健全度の判定を調査員の主観による判定及び手作業によるデータ整理を、専用ソフトウェアを使うことで、AIでの区画線の自動認識・剥離率の自動計算・判定結果の出力まで自動化を図りました。
・調査結果の表示を部分的な位置図のみであったものを、無料の電子地図上に区画線の健全度(塗り替え基準)を赤・黄・青の三色で可視化できるようにしました。

『RoadViewer』のランニングコストとメンテナンス

 ロードビューアーは、ビューワーや解析ソフトなどはソフト起動時に自動的にアップデートされるので、常に最新の状態でお使いいただけます。
使用している地図も、インターネットの電子地図を使用しているので、地図代や地図エンジン代は必要ありません。
スマートフォンも通信を利用しないのでsimカードが必要ありません。月々の通信費用はかかりません。
ランニングコストは0円でご利用いただけます。

『RoadViewer』を使用している皆様の声

 ロードビューアーを全国の皆様に使っていただいています。
様々な感想をいただいているので、資料をぜひご覧ください。
資料はこちらです。

こんな声をいただいています。
・国土交通省の区画線工事で、念願の80点が取れました。
・施工前・後の比較に利用して工事評価アップ
・管内全域の調査をしました
創意工夫などに利用しています
役所から調査依頼が来ています
・2020東京オリンピックマラソンコースの調査
・標識工事で工事個所の把握に使っています
・スマホの有効利用

導入後のメリットと利用シーン

調査日数が大幅に削減できるので働き方改革、週休2日への対応や、施工日数の縮減が可能です。
創意工夫に使えるので加点の可能性があります。
施工前・施工後で撮影すると机上で塗替え状況の比較確認ができます。

区画線の調査だけでなく、道路上の様々な構造物の管理も可能です。
日々のパトロール・緊急パトロール
防護柵・カーブミラー・デリネーター等の調査
標識や付属物の管理、道路損傷個所の把握

防災への活用提案もあります

販売価格

下記セット内容 一式 ¥800,000(税別)

セット内容:スマートフォン/スマートフォンホルダー/スマートフォンアタッチメント/リモコン/偏光レンズ/インストールディスク/取扱説明書

別途スマートフォンの追加も承ります。1台¥150,000(アプリインストール済)


バナースペース

宮川興業株式会社

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-20-28

TEL 03-3407-1002
FAX 03-3409-7560

メールはこちらへお願いします。

宮川興業梶i広島)はこちらです。


ISO9001:2008
ISO14001:2004
認証取得

一般社団法人
全国道路標識・標示業協会 会員